土壌改良微生物、連作障害対策に天然の孟宗竹100%を原料とした土壌改良材「竹王」

竹王農家の皆様へ

竹王が選ばれる理由

発芽を促進させる収穫量の増加根の張りがよく、
成長を促進させる土の中の雑菌の
繁殖を防ぐ野菜の甘味や
旨味がよくなる竹の消臭効果で、
臭いを減少させる連作障害に有効で、
病気に強くなる

竹王個人

 

竹王個人

竹王個人

竹王個人

竹のパワーを人間に広めるために、鹿児島の竹林の奥にある「竹の国」から人間界にやってきた王様「竹王」。 トレードマークはタケノコ型の王冠「たけかんむり」。 竹をこよなく愛し、竹のことならなんでも知っています。 熱い情熱の持ち主で、竹の話をするのが大好きです。 性格はエネルギッシュで元気いっぱい。 実はまだ5歳の男の子で、ヒゲはいたずら描きらしい。 いつも袋に魔法の「竹パウダー」を入れていて、人間界に現れては、畑にまいて野菜や果物を豊かに実らせ、家畜に食べさせてすくすく育て、竹の魅力をたくさんの人に広めています。

竹パウダーができるまで

竹王ができるまで竹王ができるまで竹王ができるまで竹王ができるまで竹王ができるまで

私たちが、製品の実証実験を依頼している外部の機関を紹介します

私たちは定期的に製品検査を行っています。

製品検査:竹王

測定方法
粒度分布測定装置(鹿児島県工業技術センターの装置使用)

製品検査:竹王

分析機関
鹿児島臨床検査センター

試験項目
全窒素、リン酸、加里全量、有機体炭素、炭素窒素比、水分

検査を行い、以下の検査結果となりました。 分析結果 全窒素(T-N) 0.1%未満(肥料分析法 4.1.1) リン酸(P

製品検査:竹粉A

分析機関
鹿児島臨床検査センター

試験項目
乳酸菌数

検査を行い、以下の検査結果となりました。 分析結果 乳酸菌数 5.4×1010(CFU/g)

竹王を使用しているお客様の感想を紹介

久留農園

竹パウダーを使うと味が良くなります
薩摩川内市の久留農園さんです。
久留農園さんは以前、竹パウダーを使用されていた方です。
今回は金柑に使用していただいており、竹王について伺ったところ、
竹パウダーを使うと味が良くなるということは分かっていますとのことでした。

活用事例

堆肥にまぜて使用しています
「竹王」を堆肥にまぜて使用しています。
プラントで堆肥化される最終工程付近で竹王を混ぜており、今季は高菜が病気にならずに成育も良好です。

竹王の有効性が確認できた作物を紹介(一部)

野菜の旨味・収穫量がアップ

野菜

成長が早く糖度がアップ

果物

竹王の使用方法

露地栽培

土の中にすきこむ場合

プランター栽培
プランター栽培

  1. 畑に一作物の完熟堆肥を散布する。
  2. トラクター等で良く耕耘させる。
  3. 油かす等の肥料を散布する。
  4. 竹王を均一に散布する。
    【基本】50g/㎡
    【夏野菜】100kg/一反歩(10a)
    【冬野菜】50kg/一反歩(10a)
  5. 散布後、散布した部分をよく耕耘する。
  6. 耕耘後、1週間程度後に苗を移植(または、種蒔き)をする。
    ※野菜栽培では肥料との併用をお勧めします。

プランター栽培

《既に苗を植え付けている場合》

竹王を下の土が見えなくなる程度散布してください。観葉植物も同様に散布してください。

土をそのまま覆う場合

プランター栽培

苗の高さと同じくらい苗の周りをあけて竹王を散布する。

稲作栽培

使用方法

プランター栽培
プランター栽培

  1. 田植え1~2週間前の荒掻き時に竹王を均一に散布します。 【基本】50kg/一反歩(10a)
  2. 散布後、良く耕耘する。
  3. 田植え後、1週間程度後に水面を覆うように竹パウダーを散布することによって雑草などの発生を抑える効果があります。

果樹栽培

使用方法

プランター栽培

みかん・梨・ぶどう・りんご・キウイフルーツ・柿・メロン・ブルーベリーなどの果樹は竹王のマルチングが有効です。果樹の根元ではなく約30cm離して散布してください。

【基本】70kg~80kg/一反歩(10a)

※マルチングとは植えた植物の地表面をビニールなどで覆うことです。雑草の抑制、水分の蒸発や病害虫の発生を防ぐことができます。

※開封後は速やかにご使用ください。※直射日光を避けて保存してください。※購入後6ヶ月以内にご使用ください。

購入方法

インターネットで購入する

メールで見積依頼する

電話で問い合わせする

TEL 0995-54-3535
営業時間
月-金曜 8時30分~17時30分

トップへ戻る
竹王について 商品の購入方法 会社紹介